昨夜、噂の箱会へ。
「好きな箱を3つ」ということでしたが、初参加の自分はそんなに「これ!」という箱を持っておらず、何年も大事に取っておいた香水の箱持参で、いざ会場のCOMMUNEへ。
箱会とは、どんな感じぞや。
まずはトップバッター、佐々木大輔さんのマイ箱プレゼン。

箱を手にした面々から、「この質感が〜」とか、そんな単語が飛び交います。

ルーペで見るとか!一般人の私にとっては新鮮な光景であります。

↑ちなみにこの方は、「北の紙箱屋と言えば」、のモリタ株式会社の近藤さん。以前『カミパコ工場大冒険!』というドリ大授業で、先生をして頂いたお方です。
ドキドキしながら自分の箱を差し出すと・・・

自分が思いもしていなかった部分で、この箱の魅力を語ってくださる。

その後もどんどん続きます。

この将棋箱は前回のチャンピオン、持参したのは菊地さんですよ。

そんな彼の今回の一箱目、何だかいろいろ言われておりましたけども。

「虫も箱にとまるわあ(by COMMUNE 上田さん)」とか、「しまるだけが箱じゃない」(だったかな?)とか、まあ次から次へと箱語録が出てくるのであります。
その後も、箱会はどんどんヒートアップ。
どうですか、この総立ち状態。(前半の写真との違いったら)

ここで昨夜の参加者紹介。右から反時計回りに、COMMUNE上田さん、佐々木大輔さん前田麦さん、菊地和広さん、近藤さん、presseの白井さん、rocketdesign菊池さん、阿部寛文さんです。
箱を前に、この白熱っぷり。

ときには色見本まで出てきて、真剣議論。

菊地さんから「中身はなしね」と言われていた、佐々木さん持参のどくろ箱の外観と

その中身。

どくろの和三盆!
上田さんの三箱目も、なかなかの・・・

次の菊地さんは、対照的にちっさ!

フランスで使われている、教材を入れる箱なんですって。
フランスつながりで、近藤さんの三箱目。

もちろんルーペチェック↓。

周囲に入れたダイヤの柄に、デザイナー陣は反応しておりました。ずれてもオッケーなのがフランスのお国柄。
「ずれたっていいじゃない、人間だもの」という箱語録も飛び出しておりましたよ。
そして今回の大とりは、
十勝日誌。

これはやはり、何だかすごい箱のようで。

で、昨夜の箱が出そろったのでございます。

この中からみんなで一番を指差した結果、
昨夜選ばれたのは、

菊池さん持参のこの箱。
祝・箱王!
こちらは最終選考に残った箱たち。

いやー、20時半頃にスタートして終了したのは24時。
箱会、面白かったです。
ここから箱文化が盛り上がっていきそうな気が、ぷんぷんします。(しません?)
箱というものは、奥が深いものですなあ。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA