昨日は展示もいくつか。

まずはTO OV cafeで「紙と遊ぶステーショナリー展2」。

私はいそのけいさんのこちらを。

早く何かに添えたい。

続いてGALLERY CLACで新林七也 個展『脈』。

GALLERY CLAC、新しくできたギャラリーなのですね。ART AleRT SAPPOROで特集されてました。インタビューページはこちら

新林さんの山のシリーズも良かったな〜。

続いて、CLACから歩いてすぐのところにある十年二十年で「青木鐵夫 | 木版画展」

映画を観ているような作品。無茶苦茶素敵でした。

無料配布していた「青木鐡夫の仕事」(写真左上)では、初期の頃から現在に至る作風の変遷がわかって興味深い…。DMも格好良くて、これは絶対飾るでしょう。

展示図録みたいなのがあったら絶対買うのになー。ということをオーナーにお伝えしたら、「ZINEとかならありかも…」という反応で、それはぜひぜひ!と前のめりになってしまいました。

十年二十年はこの展示が初の展示(青木さんはオーナーの恩師で、展示をするなら最初は絶対青木さんと決めていたのだとか。)で、これの前はショップとして器(だったかな?)などの展示をしたそうです。次はまたショップに戻るとお話されていたので、ギャラリーとショップを行き来する感じなのですねー。

インスタアカウントがあるようなお話だったのだけど、見つけられず。今後の情報はどこで入手すれば良いのか…。

ちなみにギャラリーの窓からの眺め。

二条市場に隣接するだけあって猫が多く、いつも屋根の上を歩いていくのだそうです。二条市場を上から見たことって、そういえばないかも。良い眺め。

久々のギャラリー巡り、堪能しました。

上二つの展示は今日(6/19)で終わってしまうけど、青木さんの展示は7/17(日)までなので、ぜひ足を運んでみて下さい。

(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA