昨夜、君の椅子工房学舎にて第一回目の開催となった『大通クリエイティブ・カフェ』。
北海道の持つ様々な潜在力や「まちぢから」の再発見を目指すゼミナール、とのことで、磯田さんにお誘い頂き行ってまいりました。

到着すると、はらドーナッツと珈琲が。こりゃうれしい。
7月から9月は「中島みゆきの社会学」をテーマに、旭川大学の山内亮史さんがレクチャーをしてくれます。
昨夜は中島みゆきの「誕生」、「吹雪」、「時代」、「タクシードライバー」などを聴きつつ、彼女の歌詞の一節から現代の私たちが抱える問題を考察。
木曜日の野田さんの話に続いてバシバシ胸にくる内容で、ワタクシ、もうフラフラです・・・
最後に山内さんに感想を伝えたとき、「でも自分を責める必要はなくて、こうやって仕組みや支えているものを知ることで、これから変わっていけばいいのだから」と言われ、ぐっとくるものが。
なのでモヤモヤを抱えながらまっすぐ帰宅。
数カ所で行われていたお洒落イベントには結局顔を出さず、一人家で中島みゆきを聴きまくりましたよ。
ちなみに、磯田さん(北海道文化財団理事長)は「ファイト」が好きだそうです。
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=9TH1Xm25FIM[/youtube]
私は「タクシードライバー」が好きです。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA