昨日は夕方までオフだったので、午前中はサッシ地区内を散策。
まずはアパートからほど近くにある、サン・ピエトロ・バリサーノ岩窟教会。
IMG_1185
マテーラ市内で最大規模の岩窟教会。内部は撮影禁止なのですが、地下の洞窟空間は遺体の安置場所として使われていたそうで、ヒョエーと思いながら見学。
サッシ地区は上下左右に迷路みたいに道が入り組んでいるので、旧市街の全貌が未だによくわからなかったのですが、
IMG_1184 IMG_1187 IMG_1193
午前中歩き回ってだいぶ位置情報がわかってきたことと、入ったお店で見つけたこの模型!
IMG_1189
これでようやく平面の地図と立体の洞窟住居が結びついた感。
夕方からは、ボランティアが集合して、バスで50分くらいのところにあるMetapontoという村でやってる展覧会へ。
ちなみにマテーラは、古代ギリシャの植民地であったメタポントゥム(Metapontum)とエラクレア(Eraclea)の人々がこの地に住み着くようになって、二つの都市の名前からマテーラ(Matera)となったそうなので、Metapontoは最初にメタポントゥムの人たちが住み着いたエリアなのかな。
こんな感じの道が延々と続き、
IMG_1194
到着。
IMG_1196
『The Poetry of Primes(素数の詩)』という数学がテーマの展覧会で、最初のパートは「幾何学的絵画と言えば」のエッシャー作品と、同様の手法を用いた他のアーティストによる作品を展示。
IMG_1198 IMG_1200
確か下の一枚がエッシャーだったような。
もう一つのパートは、数学の世界を楽しんで体験できるインタラクティブな展示。
IMG_1205 IMG_1207 IMG_1209 IMG_1217
「超簡単だよ」って言われた計算ゲーム的なものは、説明されてもさっぱりわかりませんでした。(←)
あとは、男性中心だった数学の世界で功績を残した、女性数学者の紹介とか。
IMG_1202
数を理解している(と思われていた)馬の紹介とか。
IMG_1203
面白い展覧会だったな〜。
67169647_516088155800278_4380423719122632704_n
その後はビーチへ。
IMG_1218
プロジェクト・マネージャーのカルラを撮影していたら、
IMG_1222
背後から近づいてきたイタロが悪さをする図。
IMG_1223 IMG_1225 IMG_1227
そして人文字の「MATERA 2019」

Photo by Shingo Yoshizawa

Photo by Shingo Yoshizawa

青春や。
IMG_1232 IMG_1236
この後、音楽が流れるとみんな踊り出して、ほぼ1時間くらいエンドレスで踊っていたような。

↑これはダンス曲として有名で、よく結婚式などでもみんなで踊るので、老若男女が振付を知っている一曲だそうです。
日本で老若男女が誰でも踊れる曲って、そう言えばあるかな?ないような。
私は少しだけ踊りつつ、砂浜ですぐ疲れるので、割と見学組。

Photo by Shingo Yoshizawa

Photo by Shingo Yoshizawa

ルフィっぽいと言われたけど、つまり麦わら帽子がってことですよね?
そんなこんなで
22時くらいにビーチを後にし、帰宅。
今日(日曜日)は1日オフです。ふいー
※マテーラ滞在については、こちらにまとまっています。
(編)

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA