午後。リューさんも合流し、西岸エリアへ。
最初に訪れたのは、Yuz Museum Shanghai。飛行機の格納庫をリノベーションした私設美術館とな。”The Artist is Present”という展覧会が開催されておりました。
front
DSCN1080
会場は激混み&入ってすぐの展示室は動線にも難ありで中に入れず、とりあえずそこはすっ飛ばして次の展示室へ。いやー、でもここは混み混みで、あんまり見た気がしないまま出口に…。
Xu Zhenの作品を見れたから、いっか。
そのあと、奥の建物に移動して
DSCN1079
ユズ・ミュージアムのコレクション展(!…ですよね?)、Random Internationalによる大規模なインスタレーション「Rain Room」を体験。

雨粒がサーッと開けて、自分の前に道ができる感覚って不思議。4歳児のイーイーは走り回るから、センサーが間に合わずびしょ濡れになってましたけど。
お次はQIAO SPACE。コレクターQiao Zhibingの所有するギャラリー。
DSCN1083
(ちなみに、右に列ができているのは草間彌生展開催中のOTA FINE ARTS。リューさん曰く「草間彌生展は写真映えするからね〜」とのこと。)
Matthew Day Jackson、興味深く拝見。ふむふむ。
DSCN1085
次はShangaART。
DSCN1088
Ding Yi: Interchange。
DSCN1095
DSCN1093
DSCN1097
DSCN1096
DSCN1099
すごいなあ。
そしてWEST BUND ART CENTERを横目に
DSCN1103
タンク上海。
DSCN1105
先に出てきたコレクターのQiao Zhibingが投資したスペースで、オイルタンクを再利用し、展示スペース、広場、庭園、書店、レストランなどを擁した商業空間を開発中。5つあるオイルタンクのうち確か3つが展示スペース(1タンクに1アーティスト)で、全部オープンするのは来年3月だそうです。
Qiao Zhibing、すごっ!
今は1個だけ完成してて、池田亮二の展示をしてました。

裏にある、もう一つの展示スペースにもお邪魔。工事感がまだ残る通路を抜けて
DSCN1113
アウシュビッツのガス室をテーマにした重い展示。
DSCN1116
ちなみに外では、女子たちが撮影会をしてました。
DSCN1119
上海ではこおいう風景、よく見たな〜。
こちらは工事中のタンクの上階。
DSCN1120
バースペースを完備した会議室。洒落とる。
こちらは屋上から。前方に見えるのが来年5月にオープン予定のポンピドゥー上海とのこと。
DSCN1122
ついでに隣のカルティエの展示会場にも寄って
DSCN1124
リューさんが「15分で戻ってきてね」って言うので駆け足で見て、
DSCN1126
日が落ちるとこんな感じ↑でライトアップされておりました。
疲労困憊しつつ、ようやっと夕食ということで、レストランへ。
DSCN1127
DSCN1129
またしても食べきれない量の食事が出てきたけど、どれも美味しかったっす。
特にこれ。鴨の中にご飯を詰めて煮た、レストランの人気メニュー。
DSCN1128
今気づいたのですが、頭がついてる!!!くちばし!!!
office339の鳥本さん(左端)とも久しぶりにお会いできて良かったです。
3006
そんなこんなで満腹で帰宅。この日は午前中からインプット多かったなーーーー、ふいー。
(編)
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA