今日が最終日の武田浩志個展「Utopia MoMo-Iro 11」を見にsalon cojicaへ。
takedahiroshi_web
「portrait」シリーズもさらに進化して、カフェスペースに展示してあった作品なんかは「おお〜」となったけれど、
自分的に「ほ、ほしい…」となったのは、「untitle」のこれ。
DSCN7912
格好いい…。さすがに身の丈を超えた金額だったので諦めましたけど。
DSCN7913
これがドーーーーンと大きなサイズであったら、たまんないな。
途中、事務所に寄って明日のアーティストのお迎えグッズを取って、
道新にも寄って、梁井さんから2009年に目黒区美術館で開催された展覧会「’文化’資源としての<炭鉱>展 <ヤマ>の美術・写真・グラフィック・映画」の図録をゲット。
DSCN7914
読んでみたいなーと思いつつ、古本サイトだと1万円超えのため「うーん」となっていたら、梁井さんが持っているとのことで貸していただけることに。(ありがとうございます!)
展覧会も見に行ったそうで、北海道美術ネット別館に紹介記事もありました。さすが…

その足で、久野志乃・小森愛二人展『島の結晶学』を見にSYMBIOSISへ。
2017-09-29-2
8年前、FORTUNAで、こちらに背中を向けた女性が描かれた志乃さんの『次の舟に乗ることにした』という作品を購入し、WGでも紹介したのですが
今日、同じように背中を向ける女性が描かれた作品を見て、今の自分には、今の志乃さんが描く、背中を向けた女性の絵が必要だなあと。
ギャラリー門馬の大井恵子さんが、「(志乃さんの描く)女性の後ろ姿が力強くなった」と話していたそうですが、その辺も関係あるのかも。
だいぶ昔のことになるのですが、知り合った方から「引っ越しで荷物を整理していた時、WGの『次の舟に乗ることにした』は、まだ自分に必要だなと思って、持って行った」と言われたことがあったなあ、なんてことも思い出したりして、妙に涙腺が緩みました。
志乃さんもいらっしゃったので、「自分に必要だなあ」というようなことを話したら、
ちょうど今そういう絵を何枚か描き進めてるそうで、来月アトリエに見に行かせてもらうことに。
嬉しい…。自分の勇気になるような一枚と出会えるといいな。(でも、今日SYMBIOSISで見た作品も気になってる)
二人展は明日29日まで。街中へお越しの際はぜひ。
(編)
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA