8/19の空知遊覧2017「ヌーヴォーシルクとワイナリー」の講座は、アーティストへのインタビュー。
宝水ワイナリーで映像撮影中のところへお邪魔して、1時間半ほどお話してきました。
DSCN7251
↑受講生を待つ間の一コマ。
演出・出演のベルナール・カンタルへインタビュー中の様子。

柴田さんのFBから拝借

柴田さんのFBから拝借


自身と現代サーカスとの関わり、今回の作品について、空知遊覧という取り組みについて、丁寧に話してくださいました。
こちらは出演・技術指導のステファン・ドゥルアー。
柴田さんのFBから拝借

柴田さんのFBから拝借


空中ブランコ・アーティストとして、世界で3本の指に入るであろう技術の持ち主であるステファン。滞在制作について、今回の作品に対する向き合い方についてなど話してくださいました。
個人的に、アーティストとして高い評価をすでに得ている(名声と言ってもいい)彼が語る、「評価されること」への向き合い方に共感。
ぶどう畑のゆったりとした時間の中で様々なことを話し合う場、大切なことを考える場、となり、外国の教育の場はこんな感じなのかなーと思った次第。
公演はいよいよ今週末です。どんな作品が出来上がるのか、楽しみですね。
ちなみに
お昼ご飯は岩見沢の中心から車で10分ちょっとの「アシリ和来」へ。
DSCN7254
道産野菜和食のビュッフェ。美味しかったっす。
お隣にはNORTH FARM STOCKも。
DSCN7253
岩見沢は、郊外に面白いお店が続々できている様子。へー。
話戻り。
※空知遊覧って?と思った方は、空知遊覧2017の投稿で色々説明されているので、ぜひ。
※このブログ内の空知遊覧2017に関する記事はこちらから。空知遊覧2016についてはこちらから
(編)

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA