本日『まちのモト』の撮影で再び苗穂地区へ。

まちの重鎮(?)4人と楽しくまち歩き。ハレバレシャシン山本さんがツラッと「はい、じゃあ爆笑お願いしまーす」と注文すると、本当に皆さんが笑う・・・のを端から見ていて感心。
あれは山本さんが言うから、笑えてしまう気がする・・・うーん、山本マジック。
まち歩き撮影がサクサク進み、1時間で終了。早い!
その後、撮影候補なお店へ挨拶まわりをば。珈琲を飲んだりクッキーを頂いたり、ワタクシ、わりとお腹がタプタプしております。
「俺の名前を言えば通じるから、ここも行ってみるといいよ」と教えてもらった某喫茶店。ドアをおそるおそる開けてビックリ、外観からは想像のつかない広い空間が。
思い切り普通の会社っぽい空間ですが(実際事務所だったところをそのまま使っている)、喫茶店です。ものすごい不思議空間です。
この地区で24年間、場所を変えながらもお店を続けている店主曰く「来る人は変わらず来てくれるので、外観とか内装は別にどうでもいいんだよねー」とのこと。取材系も全てお断りしているのですって。
でも結構良いお話を聞けたし、せっかくなので、お店の看板とともに『まちのモト』で紹介させてもらうことに。
いやー、ここ穴場ですよ穴場。
明日は某工場撮影の後、某地区の町内会長とディープな場所へご挨拶に。この辺の人たちも紹介できるといいなあ。
ふむー
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA