本日やっとのやっとで『森山大道写真展 北海道<最終章>』を観てまいりました。
ご一緒したのは、白鳥絵美さん一十三十一(ヒトミトイ)さん、とちびっ子(2歳)。
ヒトミトイさん親子と合流するまで、絵美さんとサッポロ珈琲館 月寒店でランチを。

向こう側のスペース、めっちゃ気持ち良さげ。自宅がご近所の絵美さんは、たまにここで仕事をするそうな。贅沢ですねえ。
ヒトミトイさんが主演した映画『百合子、ダスヴィダーニヤ』のお話なども聞いていたので、先ほど彼女のブログを見てみたら、大正モダンなお着物姿がとても素敵で。
札幌も上映するのかな?キノでするのでしたか?これ観てみたいなあ。
そんな話をした後、札幌芸術の森美術館へ。

にしても、この寒さ・・・
展示は「良い!」とたくさん感想を見たり聞いたりしていましたけど、やっぱり良かった!
あれだけの数で観れたから感じたこと、もあった気がします。
街並に、そこはかとなく漂う過酷な感じというか・・・100%陽気になりきれない土地というか。
芸森はこの後も、竹岡羊子さんのとか、メアリー・ブレアさんのとか、『森と芸術』とか、興味深い展覧会が続くので、今年は結構足を運びそう。
帰りにTO OV cafeで開催中の『楢原武正小品展』も観てきましたよ。
ちょっと調子が悪かったので、早々においとましましたけど・・・先日も兄夫婦の子ども(1歳)と会った後に発熱したのですが、何となく今回もそんな予感が・・・
ちびっ子にエネルギーを吸い取られたのでしょうか・・・むむ。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA