遠出で見た展示を。
木曜日はMOTサテライト
吉増剛造さんの展示(新作映像)だけでお腹いっぱいになりつつ、毛利悠子さんの《鬼火》や、松江泰治さんの木場をはじめとする写真(圧巻)など、
いつもは駅と美術館の往復だけで終わってしまうエリアを散策する新鮮さとともに、楽しみました。
DSCN5778
↑こんな感じの立体駐車場も、初めて見た。
金曜日はTERRADA Art Complex へ。
ユカ・ツルノ・ギャラリーでの狩野哲郎さんの個展『a tree as a city』に、うっとり。
あと山本現代のグループ展『Malformed Objects − 無数の異なる身体のためのブリコラージュ』で見た、大和田俊さんの作品も印象的。
最初いきなりビューイングルームに入って、何も情報のないままに作品と向き合って、そのあとで指示書とともに再び向き合ったのも良かったかも。
絶滅動物の化石(石灰岩)に薄い酸をたらすと、石灰岩に含まれる(かつて生物の身体を形成していた)二酸化炭素が放出され、そのときに微細な音が発生するそうで。
その音を聴くなんて、素敵すぎる…!
とんでもない時間を飛び越えた感じがあって、しばーらく聴き入ってしまいました。
指示書には「帰るときは演出と異なる仕方で作品と関係すること」とあって、メインルームの方でちょうど思わぬアクシデントがある作品に起こったから、その顛末を眺めるという、指示書を超えた内容も楽しかったです。
土曜日は3331で『ソーシャリー・エンゲイジド・アート展』を。
ペドロ・レイエスのトーク、おもしろかったです。SPIRITUAL SPEEDDATEとか、Doomocracyが特に好き。
満 足 !!
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA