前回の続きです。
夜は『God Bless Baseball』を見に、あうるすぽっとへ。

今ちょうど『菊と刀』を読んでいて、日本人の階層的秩序への信頼(各人が自分にふさわしい位置を占めること)と、それを国際関係にも当てはめた結果としてのアジアへの態度、
を下敷きにしつつ、
日本とアメリカの関係は、個人的には自分と西欧の価値観に置き換えつつ。
そうやって観ていたら、
「想像すること」と、「そこから踏み出すこと」
それに伴って起きる物事への覚悟
に触れて、強く心打たれてしまいました。
あー、今観れて良かったなあ。
来年3月の、KYOTO EXPERIMENTでのチェルフィッチュ新作も楽しみです。
余談ですけど、観劇前に入ったあうるすぽっとのトイレ、
CIMG0544
噴火的な…(こんなんなったら、そりゃショック)
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA