本日カーリング取材2日目。
個人的に注目して見ていたのは、まず日本ジュニアカーリング選手権大会の北海道代表チーム(中学生)VS北大のカーリングサークル。
「この辺に投球して」と指示を出すスキップ。
CIMG0288
来たー
CIMG0291
それを受けて「この辺」と指示を出す北大サークルのスキップ。
CIMG0294
「ウォー!(掃くな)」とかけ声をかけている図。
CIMG0295
このスキップの後ろ姿に「頭脳vs頭脳」って感じが漂ってて、見ててワクワクするんですよねー。
CIMG0296
北海道代表チーム(中学生)も負けてない。
CIMG0297
さすが「氷上のチェス」!
どちらが円の中心に近いか、目での判定が微妙な場合は、スケールが登場します。
CIMG0308
で、このゲームは北大サークル(「思い出のマロニー」ってチーム名…なぜ?)が点数獲得。
CIMG0313
ここは最終的に北大生が勝利しておりました。北海道代表チームも、11月の選手権大会がんばってね〜。
もう一つ、「おお〜」と思ったゲームはこちら。
小学生チーム「ソニックス」vsおじさまチーム「SMARTERS」。
CIMG0320
↑互角!
ゲームの見た目はこんな感じです。
CIMG0318
で、小学生チームのスキップをしていた子は6年生(左の子)で、カーリング歴6年!
CIMG0324
マイナス6度で半袖!
親(祖父?)世代を前にクールな試合運びであります。
CIMG0319
キッズのハイタッチに弱い私。ついカメラを構えてしまうけど、うまく撮れないなあ。
CIMG0315
そして彼らは見事おじさまチームを負かしていたのでした。
この6年生の子、最後に「すっげーーー」って感じのショットを決めてたもんなー。
そしたら同じチームの男の子が、「すげーよ、○○、俺自慢できる!」って言ってて、青春映画を見ているようなくすぐったさが。
若さっていいわ…(←)
で、カーリング面白いじゃないか!ってなったもので、まずは様子見に10月開講のカーリング教室(全3回)を受講してみることに。
それで札幌カーリング協会のチームに一瞬紛れ込めないかな…ってことを、札幌カーリング協会の強化部部長の方と話しつつ。
それにしても、強化部部長と話しているときに「皆さんのスウィーピング、激しいですねー」って言ったら、「あんなのはスウィーピングのうちに入りません」って即答が来てびっくり。
世界レベルになると、1試合でブラシがぼろぼろになるぐらいこすりまくるそうな。
「スウィーピングの音からして違いますよ」とのこと。ひょえー
あー、私も1回でいいから試合を体験してみたい。
で、相手のスキップが指示を出しているうしろで、こちらもその先を読んでる風(5枚目の写真参照)を装いたい。
ちょっと怒られそうな動機だけど、まずは来月のレッスンに潜入してみまーす。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA