25日にリニューアルオープンする「サケのふるさと 千歳水族館」の内覧会へ。
CIMG0004
お目当は千歳川の水中を見ることのできる「水中観察室」。これはリニューアル前からあったみたいですけど。
この↓写真は水族館裏の橋の上から千歳川を見たところ。川と接する部分が建物の地下にあたり、
CIMG0028
こんな感じでガラス越しに眺めることができます。(真ん中は記録映像)
CIMG0014
上の方が水面なの、わかります?
CIMG0017
9月頃から、遡上してきたサケの群れを観察できるそうな。冬には産卵場面も目の前で見れるとか、すごい。
通路を挟んで椅子があるので、ボケーッと水中をいつまでも眺めていられます。
1席だけのテーブル席もいいなあ。くぼみのところは水の流れが和らぐから、魚の休憩スポットになっているのだとか。
CIMG0022
川の水中を眺めることのできるカフェとか、あったら超ステキ。(回転率悪そう)
こちら↓は橋から見た上流側。赤いのは捕獲車です。(インディアン水車と呼ばれていた)
CIMG0026
8月下旬からこの捕獲車を使ったサケの捕獲が始まるとのこと。
橋の上からも遡上するサケは十分見れると思うけど、間近で見れたら尚よし。水中観察室はおすすめです。
入館料は800円なのだけど、年間パスポートが1,000円だから、年間パスポートを買って何回か足を運んだ方が面白い気がする。
新千歳空港国際アニメーション映画祭の時期はまだまだ遡上時期なので、千歳駅にもぜひお立ち寄りを。水族館は駅から徒歩10分です。
私も映画祭と合わせて見に行きたいな。遡上!
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA