散歩がてらにお買い物に行ったSiesta labo.で、お隣のATELIER Morihikoに豆を買いに来ていたSIAF事務局マネージャーの細川麻沙美さん(昨年チカホ展示の取材時など、大変お世話になった方)とバッタリ。
彼女には、先日のTHE STAY SAPPORO内覧会のときにもバッタリ遭遇したばかり。
SIAF2017の準備のため、現在札幌と東京を行き来していらっしゃるそうな。
ということで、資料館にオープンしたばかりのSIAFラウンジにも寄ってきました。
DSC09302
昨年の芸術祭開催時にはカフェだったところですね。
今はまだ準備中だけど、そのうちコーヒーの販売も始める予定だそうです。
DSC09300
とりあえずは飲食を持ち込んで、のんびり過ごしたい。
何がいいって、電源、Wifi完備なのはもちろん、アート系の面白そうな本が揃っていたこと。(吉村元男さんの『森が都市を変える』という本も気になりました。)
DSC09303
夏に郊外へ引っ越すもので、街中に出てきた際の待機場所として重宝しそう。読んでみたい本がたくさんあるのはうれしいな。
テーブルの上にはエアプランツ。
DSC09304
オープンしたての清潔感ある空間にマッチしておりました。
芸術祭が開催されたことで、のちにこういったスペースができるとか、街中が少し変化する様を実際に体験すると、やっぱりうれしい。
漆さんとも久しぶりにお話できて良かったです。
ちなみに、漆さんが代表をされているAISプランニング
が、
管理・運営をしているさっぽろ天神山アートスタジオですが、
先日の公演『人の気も知らないで』で制作を手がけたラボチ小室さんのブログから、作・演出の横山さん(大阪が拠点)がこのアートスタジオを利用されたことを知り。
アートスタジオの利用者ってなんとなく美術関係のイメージがあったけど、演劇などの舞台関係者にとってもありがたい施設ですね。
滞在制作という選択肢ができたことで、また面白い作品が生まれていくといいなと期待。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA