ローザス『ドラミング』を東京芸術劇場で。

観劇前に予習ってしたことないけど、これは予習したかったな。
と、観劇後に感じる奥深い作品。
帰ってきてからこのコラムとか発見して、なおさらそう思いました。
世界は広くて半端ないなあ。
ダンスWSもこれまで全く興味なかったけれど、「作品理解にもつながる」とアフタートークで話されていた池田扶美代さんの一般の方向けWSは、機会があったら受けてみたい。
これは札幌で…ってことはなさそうですねえ、さすがに。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA