1/23(金)〜24(土)と行ってきました、札幌爆音上映vol.1
金曜日はトーキング・ヘッズのコンサート・フィルム『ストップ・メイキング・センス』。
冒頭の「サイコ・キラー」でいきなりしびれました。

ズドンと胸に来る音!これだよこれ!(と心の中で叫びつつ)
できれば席を立って踊りながら見たいくらいの臨場感。爆音上映、最高です…ホント。
土曜日はまず『皆殺しのバラード』を。

ライブのMCで冨士夫さんが「生きているうちに会えて良かったね」と言うシーンがあるのですが、
それまで全く彼のことを知らなかった自分が、今、爆音上映のマジックによってライブで彼の歌を聴いているような感覚になっていて、
そして、彼が言う「生きているうちに会えて良かったね」。
すごく不思議な感覚というか、何だかぐっときました。
夜はビョークの『バイオフィリア・ライブ』。

感極まった大勢の歓声が波動になってぶわっと来ると、鳥肌立つなー。
会場全体がビリビリ震えてましたけど、こうなるともっと低音を感じたくなるというか、樋口さんが挨拶でお話ししていた渋谷のライブハウスでの爆音上映はもっとビリビリしたのかな?
「思わず青ざめるくらいで…」ってすんごいな。
次回の爆音上映はスピーカーの近くに座ろう。
こうやってはまっていくのでしょうねえ。次回開催が楽しみです。
(編)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA