昨日は、来年1/10(土)-1/11(日)にシアターZOOでの公演を控えた、極東退屈道場の林さんへの取材。
都市計画をテーマにした新作『ガベコレ garbage collection』をひっさげ、やってきますよ!
stage46049_1
(この↑フライヤーも現在配布中。)
昨年『サブウェイ』で札幌初公演を果たした彼ら。(そのときのことは、「飲んでるそれはサンポール。極東退屈道場『サブウェイ』」を参照してください)
断片を重ねて見せていく、その断片の作り方が面白い大阪の劇団です。
振付家・ダンサーの原和代さんとほぼ共同演出の体制をとっており、身体表現を言葉と同じ位置付けで導入。
今回は、公演終了後の1/17(土)にコンカリーニョで開催される『踊りに行くぜ! vol.5』で、
odori_omote1027ol_cs5
原さんが札幌のダンサーさんと作品制作をすることになっており、林さんはその作品の脚本も手掛けるそうな。
なので、『ガベコレ』はダンサーさんにも見てほしいですし、
『ガベコレ』を見て気になった方は、『踊りに行くぜ!』も見に行ってほしいですねえ。
12月に入ったら、改めて『ジユウダイ!』で『ガベコレ』を紹介しまーす。
昨日の取材時は、先日大阪に見に行った「維新派」のことや、7月に『人の気も知らないで』を札幌で上演したiaku(大阪のユニット)主宰の横山さんのことなども話せて楽しかったです。
あと、昨年『サブウェイ』に続いて『タイムズ』がOMS戯曲賞特別賞を獲ったそうで、『タイムズ』も見る機会があったらいいなあと思いつつ。
まずは1月の公演をお楽しみに〜
(編)
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA