今日はD&DEPARTMENT HOKKAIDOで開催中の「くさかカバン展」へ。
くさかカバン店のHPトップの写真、格好良い…)
私はエゾシカ革のティッシュケースを購入しましたよ。
DSC08644
所持品の中で、初・エゾシカ革製品。ちょっとうれしい。
展示は9/28(日)まで。小物類が充実してますので、この機会にぜひ。
あと、いつか買おうと思っていた高橋工芸の「KAMIGLASS」もようやく購入。
DSC08646
(余談ですが、iphoneのきれいな写真を見慣れた現在、自分の古いデジカメの、このちょっと画素数足りてない仕上がりに妙な愛着すら感じる最近…)
お次はギャラリー創で開催中の『国松希根太 BEYOND THE HORIZON』へ。
0729_DM表1
彫刻作品や平面作品に加えて、希根太さんが興味を持つもの、が、写真や「コレクション」という形で展示されているのが新鮮でした。
たまにこうやって作品の背景的なものを共有できると面白いな。
こちらは明日8日(月)まで。
最後に、シアターZOOでユニットtogether againの準ドラマリーディング公演を観劇。
取り上げたのは、井上ひさしさんの名作『父と暮せば』です。
“「あよなむごい別れがまこと何万もあったちゅうことを覚えてもろうために生かされとるんじゃ」。それが分からないような馬鹿な娘なら、ほかの誰かを代わりに出してくれ、わしの孫、ひ孫を‥‥。”(上のリンク先からの引用です)
という台詞の素晴らしさときたら、もうもう。
それをしみじみ味わうことができたのは、父と娘を演じた二人の役者さんのこれまた素晴らしい語り口のおかげであります。
実に良いものを見ました。
ふー。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA