6/21(土)、22(日)に初公演を控えた、俳優・柴田智之さんと舞踊家・東海林靖志さんによる演劇+コンテンポラリーダンスユニット「鳥坊主」
の、稽古場にチラリとお邪魔してまいりました。
DSC08392
(諸事情で10分くらいしか見れなかったけど…)
「鳥坊主になるまで」というインタビューでは、
柴田さんが「この作品自体が、“関係する”ってことを細かく見せている。
出会った同士が、あなたのことを良いと思うって認め合って、こんな思いがあると交感しあう、で何かを一緒にできるかもしれない、と課題に取り組もうとする。
そこが詩と身体の融合。
僕自身の業とかそういうものにも挑戦する、その結果どこかに辿り着くっていうことを見せる。」
と語っており、どんな感じになるのか楽しみにしております。
鳥坊主『うちにかえろう』は、6/21(土)、22(日)プランテーションです。
公演詳細は、こちらをどうぞ。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA