space SYMBIOSISで開催中の、丹羽シゲユキ展 -華(はなやぐかたち)姿-へ。
2014.05.17
彫刻作品を見るような感覚ですが、造形にそこはかとなく漂う緊張感は、白磁ならでは、でしょうか。
DMにも採用されているお茶の器には、飲み終えたときに向こうが透けて見えるという仕掛けが施されており、その透け具合にしびれました。
あれ、すごいなー。
ぜひお店でご覧くださいまし。
丹羽さんが在廊されていて、いろいろお話を伺えたのもうれしい。
本展は31日(土)までです。
(編)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA