週後半。
★木曜日:introのゲネプロを拝見。(これについては、別エントリーで書いてます)
★金曜日:午後から打ち合わせ。4〜5月は、この書き仕事と某プレビューであっという間に過ぎそうだなあ。
夕方からは澤田奈美さんの個展をSYMBIOSISで。素敵な空間でありました。
只野さんとも少しお話しつつ、わりかし駆け足でサンピアザ劇場春の祭典高校演劇部門へ。本公演については後日『ジユウダイ!』のREPORTコーナーに書く予定です。
★土曜日:『のンのンサマ』札幌上映会でBプログラム(仁木修平さん『NEW YORK IN ASAKUSA』と、木村文昭さん『左舞い』『人間ゾンビ vol.2』)を拝見。
仁木修平さん作品の、音楽と映像の関係がいい感じで。チャップリンの映画に出てくるNYを思い出してしまいました。
木村文昭さんのセルフドキュメンタリー『左舞い』は、お母様の(ちょっとのびた)パンツ姿といい、ゴミ屋敷と化した実家の埃っぽさ具合といい、
何と言うか、「こおいう映画をもっと見たいなー自分」と思ってしまうパンチ力がありましたよ。
上映終了後のトークも、マイクなしでやり取りできてしまう距離の近さで、楽しかったです。
(編)
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA