映像作家の古跡哲平さんが、フランスのテレビ局「CANAL+」の番組「L’Oeil de Links」で紹介されましたよ。
ピクチャ 2
ここでメインとして紹介された映像作品《 1981-2001》は、イメージフォーラムフェスティバル2013でノミネート作品として上映されたり、Vimeoの「staff picks」に選ばれたり、千代田芸術祭・映像部門「3331 シアター」では「伊藤俊治 賞」を受賞したりと、
昨年いろいろなところでお披露目されておりましたが、さらに展開していくといいですねえ。
番組内では、これまで制作したMVや本人のスカイプインタビューを交えつつ、3分に渡って紹介されておりました。すごっ。
彼の部分を抜粋した動画は、こちらからどうぞ。
パチパチパチ〜
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA