7日(金)から始まる公演『短いのん。』を控えたイレブン☆ナイン
先日、ある取材でイレブン☆ナイン代表の納谷さんから演技論を聞く機会がありまして、頂いたお返事とか、そこに書かれていた内容が、ちょっと意外だったというか
自分の中で、今までと違う見え方があったような気がしたのです。(何が?と聞かれると、漠然としているのですが)
逆に、何で今まで、作品からそこが見えなかったのだろう?とも。
なんてことをボンヤリ考えていたら、『短いのん。』の稽古を見学させて頂けることになったもので、昨夜イレブン☆ナインの稽古場へお邪魔してきましたよ。

『短いのん。』では、愛知県長久手市で毎年開催される短編演劇祭『劇王』(日本劇作家協会 東海支部プロデュース)に、イレブン☆ナインが2011〜2013年に出品した三作と、2011年の教文短編演劇祭優勝作品、プラスもう一つ、の計5つの短編作品を一挙に公開。
(各作品の詳細はこちら
なのですが、
「おお」って思うような、ちょっとした構成の仕掛けあり、です。(昨夜判明)
↓こちらは、『俺はジャッジャー!!』の一場面。

納谷さん演じる、売れないベテラン役者がお馴染みの演技論を語るシーンは、もう自分にとって超タイムリー。
先日とても丁寧に教えて頂いたこととまるきり同じことを、大真面目に楽しそうに語る売れないベテラン役者は、なかなかにチャーミングでした。
稽古場には山下澄人さんの姿もあったのですが、とても興味深かったのは、彼の言葉でちょっとだけその場の演技が変わると、自分が「何で今まで見えなかったのだろう?」と思っていたものがスルリと見えてくることで。
元々そこにあったのだけど、何か上からかぶさっていて見えづらかったものが、スッと見えるような、そんな感覚。
私は『俺はジャッジャー!!』の初演を見ていませんが、多分一度見た人たちにとっても、今回のものはもしかしたら印象が結構変わるのではないかしら。
と思った次第です。
昨夜は各作品のほんの一部しか見ていないので、本番どんな形になるのか、とても楽しみ。
チケット予約はこちらからどうぞ。
サンピアザ劇場に行くなら、ドニチカ切符でぜひ大谷地のくすみ書房にもお立ち寄りくださいませ。
ここを知らないのは勿体ない!って感じの本屋さんであります。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA