本日は、北海道ダンスプロジェクト(HDP)公演『SHOW IS BEST 2013』へ。
今回はジャズダンスをメインにHDP会員が振付をした3分間のショーケース(29作品)、プラス、1部と2部の終わりには15分間の合同作品もあり、盛り沢山の3時間。(ちなみに、前回の1月の公演は4時間でした)
オーディエンス賞が設けられていたので、いいなと思った作品3つを選んで提出。
個人的に一番いいと思ったのは、ダンススタジオ マインド(舞人)の4人によるU-it’s Moony。それぞれのちょっと違う動きがカチッとはまる瞬間が気持ちよかったというか。
出演されていた浜田純平さんの踊りは、身体の中できちんと音楽が鳴っている感じで、3分というわずかの時間だったけどテンション上がりました。
この作品は、また見てみたいものであります。
身体の中で音楽が鳴っているといえば、二番目に選んだREMIX Art & DanceのTANE(種村陽子さん)も良かった。
VOGUEのファッションフォト的な横顔の美しさもポイント高し。
三番目はちょっと迷ったのですけど、少年パワーに一票ということで、Fe.dance studioのjazzy crewに。彼らは私が見た昼公演で、オーディエンス賞の2位に選ばれておりましたよ。(昨日の公演では1位だったそうな)
ちなみに昼公演1位は、ダンススタジオマインドのA King or Queen?です。
あと、1月の公開アドバイス作品で乗越たかお特別賞を受賞していた河野千晶さん(Stage Grand-Prix)は、今日はストリートファイター的な作品で出品されており、引き出し広いなーと。
そして、何と言っても楽しかったのは、2部のラストを飾った宏瀬さん構成による『dirty boogie』。
ザ・ショータイム
でした。ホント。
何だか、マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアーもやっぱり行きたくなってきたなあ。
早く決めないとチケット完売しそうですよね、そろそろ…(自分は行くとしたら大阪公演です)
うーん
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA