日曜日は露口さんの車に乗り込んで、一路三笠へ。

北海道インプログレス の活動拠点にお邪魔しました。

体育館では、川俣正さんをはじめ、学生の皆様が作業中。

せっかくなので、私も炭鉱住宅を作ってみることに。

あらよっと。

これを何千個と作るのですって(確か)。圧巻の展示風景になりそうです。
生で食べられる(!)とうきびも頂きました。

甘い!
途中、幌内神社へ。

楽しげであります。

↑左から、前日トークをして頂いた天野太郎さんNPO黄金町エリアマネジメントセンターの山野真悟さん、露口さん、トヨダヒトシさん
帰りにミカサ・モダンアートミュージアムに立ち寄り。ここには川俣さんの作品の常設ギャラリー「川俣ルーム」が。

あとは、天野さんがモツ研究家でもあるということで(確か)、「なんこ」(←馬の腸)を仕入れたり。

ゲットしたのはこちらのお店。生協の近くにあります。

ほら。

夕方頃三笠を後にし、炭鉱の記憶マネジメントセンターに寄って、いざ札幌へ。
帰宅したら疲労困憊で即就寝。昨日も午前中は全然頭が回らず…何か、濃い二日間(あ、金曜日の市立大も入れたら三日間)だったなと…
それにしても、周囲の方々は私より年上なのに、ずっとタフであります。いやはや、尊敬。
7日のあいさつで小室さんがちらっとお話しておりましたが、小室さんの発行している写真研究誌『PHOTON』の次号は、トヨダヒトシさん特集です。
8月発行予定とのこと。私も少しだけ関わります。
楽しみにしていてくださいませ。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA