TUC+KYOKUやねうら公演『APERITIVO ~アペリティーヴォ~ vol.1』@ATTIC
に行ってまいりました。
私が見たのは、お芝居の『ヂアロオグ・プランタニエ』(作:岸田國士/出演:たかはしちひろ、斎藤もと)
『死体のある風景』(作:別役実/出演:金野翔太、たかはしちひろ)

ダンスの『青』(演出・振付け・出演:櫻井ひろ/音楽:亀川朗)。
お芝居は20分くらいの短編で、「やねうら公演」らしい佇まいというか、目撃感というか。どちらも面白かったです。
『死体のある風景』の金野さんが何ともいい味を出しておりまして、「ずいずいずっころばし〜」と歌うシーンはめちゃ笑えたのですけど、他の観客の方から全然笑い声がもれないもので、必死でこらえつつ。
ダンスは、もう少し引いた場所から見れたら、また印象も違ったかも…
どちらにしても、席は側面ではなく正面に座った方がより楽しめると思います。土日はお芝居を二つとも見れますし、全部で1時間弱、かつ1コイン(500円)ですので、街中へお越しの際はふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
プログラムは上のリンク先をご覧くださいませ。
(編)

 

2 Responses to TUC+KYOKUやねうら公演

  1. chihiro より:

    におさん、ご来場ありがとうございます!
    この企画は今後も地道に続けていく予定です^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA