本日は久しぶりにいろいろ巡ってみました。
まずはFIL SAPPOROでも特集されていた、五十嵐淳建築展『ambient』。
木で精巧に作られた模型の開口部からのぞく向こう側に、実際にこの建物が現実空間にあるときの風景を想像。そこで切り取られる日常の1シーンは、きっと映画のような見え方をするのだろうな。
模型内部に落ちる影も美しかったです。この影というのが個人的にとても重要で、一日の時間の中で刻々と形を変える影と暮らすことができるというのは、とても贅沢なことだと思うのであります。
この眺めもなかなか。

こちらは5/27(日)まで。FILの特集「10の質問」を読んでから足を運ぶと、より楽しめるのではないかと。
お次はCAI02で開催中の『SUPER』

山口要輔さんの作品に、ほほうと思いつつ。
お次はキャノンギャラリー札幌で開催中の、山口一彦写真展『室蘭』。
坂の上に住んでいる人は、毎日あの風景を眺めているのだなあ。少し車を走らせて海岸沿いに出ると、雰囲気がガラリと変わるところもまた。(トッカリショ岬を見るたび、映画『さらば青春の光』のラストシーンを思い出してしまいます。)
室蘭は不思議なまちですね。(写真展は5/22(火)まで)
お次はsalon cojicaで今日から始まった『色ちゃん』。

有本ゆみこさんの作品、キテますよ!この展覧会はFILのART & CINEMAでもお勧めしましたが、いやホント必見。
展示ご挨拶はこんな感じ(クリックしたら少し大きくなります)。

文中「闘いのボタン」とありますが、少女的なのにフワフワしていないところが実にいい。レセプションも楽しみでございます。展示は5/31(木)までです。
その後は久しぶりのcafe ROSSO

以前『まちのモト』でお世話になった強面な店主、藤原さんとのお話が楽しく、つい長居してしまいました。(ちなみにこのページです)
その帰り道、小腹がすいたのでポッコ・ア・ポッコでドーナツでも買おうかなーと思いつつ、住所どこだったかしら…と考えていたら、菅原さんとバッタリ。
無事教えて頂いて、初ポッコ。

入ってびっくり、WGのコラボ号が!

菅原さん、ありがとうございます。
ポッコと言えば菅原さん、菅原さんと言えばポッコという感じですが、今日のあの登場のタイミングはさすが…
ポッコのドーナツ、おいしかったです。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA