昨日、お昼ご飯を食べにpipinに行ったら、お隣の席に猪熊さんが。

逆光。
なんとD&DEPARTMENT PROJECT SAPPORO by 3KGには、北九州市が年二回発行する情報誌『雲のうえ』が置いてありました。

すかさずゲット。市の発行物らしからぬこの雰囲気、ステキなのです。

「暮らしの手帖」や「ku:nel」のアートディレクションを手がけている有山達也さんと、「翼の王国」や同じく「Ku:nel」の編集などをされている、つるやももこさんのコンビ。
写真もいいんだよなあ。最後に出すまちのモトは、笑わない写真でいってみようかな。
なんてことを思いつつ。
今日は打ち合わせの帰りに、針さんの「memory」が開催中のsalon cojicaに立ち寄り。
カウンターには門間さんがいらっしゃいましたよ。先日の「パンティーおみくじ」は、門間さんが全部作ったのですって。60種類(だったかな?)用意したそうです。その情熱…

cojicaには、地味にリニューアルしてから初めて行きましたが、光のたくさん入るカフェーな佇まいになっておりました。
そしてBGMには、門間さんセレクトによる懐かしい曲が。
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=CTnxtNLg8BA&feature=related[/youtube]
うむ。蘇る大学時代。
東側に来たので、ようやく500m美術館(←気づいたらHPもできていた)にも足を運びました。伊藤隆介さんの映像や、富士翔太朗さんのインスタレーションが、歩いている自分には違和感だったり変化だったりを感じられて楽しかったです。
街中もどんどん変わっていきますなあ。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA