今日のことは今日のうちに。
まずは午後から一件打ち合わせのあと、飴谷等さんの個展が開催中のギャラリー創へ。

画像引用元 http://www.agson.jp/sou_blog/


絵の横には、言葉が添えられておりましたよ。
多分それは、小さな生命を見つめることで生まれてきた素直な言葉で、それはもう言葉だけで伝わってくるのですけど、絵の横に飾るなら、もっと一番伝えたい部分の言葉だけでも良かったかなあと。
その方が、より物語をふくらませることができるというか…
とは言え、飴谷さんがいろいろと想いを巡らせていること、みたいなことが作品からしみじみと伝わってくる展示でございました。
こちらは23日(日)まで。
お次は、10/29(土)から始まる札幌劇場祭(TGR)の回数券を買いにシアターZOOへ立ち寄り。

こちらは500円券10枚綴りで3,000円!というお得な回数券でございます。去年は買い逃したのですが、今年は無事ゲットできてよかったよかった。
弘前劇場の「海辺の日々」とか、劇団TPSの「霜月小夜曲」とか、introの「蒸発」とか、劇団千年王國の「狼王ロボ」、演劇ユニット イレブン☆ナインの「プラセボ/アレルギー」、劇団アトリエ「もういちど」とか観たいなあ。
…5,000円じゃ足りないですね。
回数券はまだ各劇場で入手可能なようですので、お早めにどうぞ。
その後、スクールのフライヤーをPROVOへ届け、佐々木秀明さんの個展が開催中のTO OV cafeへ。
窓際の床に映る作品、ぜひそばに立ってみてください。

水滴が落ちる瞬間、めっちゃぞわぞわします。これはホント、ぜひご体感を。
ちなみにTO OV cafeは本日三周年を迎えたそうな。めでたい。
あ、あと『表現するファノン -サブカルチャーの表象たち』の前売りチケットも扱っていますよ。

一典さん曰く「展覧会の花輪さんの作品がすごすぎる」そうです。これは必見!
珈琲を頂き、一旦自宅に戻って取材調整調整調整
20時からはシアターキノで『EXIT THROUGH THE GIFT SHOP』を観てきました。うっかりしていたら本日最終日だったもので、慌てた…
館内には知人の姿もちらほらと。
で、映画はというと、途中までは笑えていた事態が最後は何だか笑えない展開になって、何とも私は息苦しかったです。悪いジョークか…
そんなこんなで帰宅。
ずらずらーっと書き連ねましたが、明日もいろいろあるなあ
(編)

 

One Response to ギャラリー創→シアターZOO→TO OV cafe→シアターキノ

  1. ほんま より:

    佐々木秀明さんの「雫を聴く」は、かつて簡易サイズのものをお預かりして自室にて布教(?)につとめていたことがありました。懐かしいな。
    レッドベリーとカモカモでも拝見。トオン・カフェにも行かねば!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA