まずはSSFレポから。
本日観たのは、北海道セレクションでございます。
断トツのドゥヴィーニュ賞は、山口洋介さんの『I’M HOME』。
無邪気な少女が登場するほのぼのとした始まりから、仲の良い家族のひと時…の中に「あれ?」という違和感がするりと入り込む中盤。
その違和感の理由は最後に明らかになるのですが、その瞬間にそれまでの少女の笑顔とか、ささやかながらも幸福そうな家族の団らんとかが別の意味を帯びて、ワタクシ、涙腺を直撃。
北海道セレクションは、あとは10/8(土)の14:00-と、10/9(日)の11:00-、の二回上映されますので、『I’M HOME』はぜひ観てほしいなあ。
話変わり、地下歩行空間で開催されていた、北海道内学生企画展『アートに触れる』(本日最終日)も観てまいりました。

学生と言えば、札幌合同学生祭SAPPORO UNIFES2011も10/15、10/16と開催されますね。ツイートを見ていると、何やら盛り沢山ですよ。ちらりと様子見に行けるかしら。
で、『アートに触れる』。
松浦進さんのこれとか

上野麗市さんの

これとか、

フッと顔がゆるみました。
そういえば、多分自分は行けないのですけど、以前TO OV cafeで素敵な展示をなさっていた西村明美さんが、昨日から茶廊法邑で個展をされております。

大人の女性の部屋にぴったり!な銅版画作品たち。この、花の部分がへこんでいるのがいいのです。
こちら↓は前回のTO OV cafeでお買い取りした作品。

書いているうちに法邑行きたくなってきたなあ。こちらでの展示は13日まで。
むむむ。
(編)

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA