昨日は、午後からぷらっとTO OV cafeへ。
店内賑わっておりました。
鈴木吾郎さんの作品、私は「秘める」が一番好きです。人に言えないときはあの仕草をしよう・・・
「最近WG出していないですねえ」と耳に痛いことなんかを中村さんに言われながら、珈琲を頂いた後、ギャラリー犬養へ。
風間雄飛さんの個展『side-B 』の初日です。
以前、近美のグループ展で観てノックアウトされた「はいからさん(確か)」を再び堪能しているところへご本人が登場しましたよ。

なぜ昨日は眼鏡だったかと言うと、中央に設置してあるガラスケース(激かわいい)を朝方まで制作していたからだそうです。
雄飛さんの作品と言えば、シルクスクリーンらしからぬ「もやもや感」が美しいのでありますが、昨日そのもやもやの秘密をとうとう質問してしまったのです。
そうしたらば、
いつもは寡黙な雄飛さんの口から、出るわ出るわの技術的話。
裏面に刷ることで、あの「もやもやビューティー」が実現するのですね。個展タイトルの『side-B』というのも、その「裏面」という意味でつけたらしいですよ。
何と言うか、端から観ると「描けばいいじゃん」ってところまで「刷る」ことにこだわる雄飛さん。アツいです。中島ゼミに代々継承されている技術なんかも聞いてしまいました。
作品のみならず、ご本人の裏面までかいま見てしまったような『side-B』。
もやもやビューティーは必見です。10/3(月)までですので、お見逃しなく。
ちなみに、帰りにさいとうギャラリーで開催中の河合春香個展『きみのひとみのむこうがわに』も観てまいりました。
以前春香さんがCAI02で二人展を開催したときの、壁一面の作品が忘れられない私。作品の中に引き込まれる感覚は昨日も味わえたけど、やっぱりいつかは四方の壁全面、というのを体験してみたいものであります。
こちらは9/25(日)まで。
今日は打ち合わせデーだー
(編)

 

One Response to 風間雄飛さんの裏面(B面)

  1. yuhi より:

    ブログに書いていただいて嬉しいです。
    昨日はご来場いただいてありがとうございます。
    なんだかごちゃごちゃと細かい話をしてもうしわけないです はは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA