昨夜、ウィアード・メドル・レコード秋庭AKBさんの40周年アニバーサリー・パーティーが行われたのであります。
の前に、20:00頃狸小路1丁目あたりに数名が集合。時間差?で偶然を装い、お店に押し掛けCDなどを物色。

↑レジ待ちで並ぶという、普段ありえないくらいのお客さん密度。作戦を知らない秋庭さんもびっくりです(どう考えても不自然ですけども)。私もテニスコーツの新しいアルバムを購入しましたよ。
そして、なんとここで、12年ぶりくらいの知人に再会するという、私にとってのうれしい偶然もあったのでした。(右端の大野さん!)
で、作戦の流れとしましては、
みんなで売上げに貢献し、「今日はもう早めに店を閉めて、飲みに行こうぜ」と秋庭さんをトロンハに誘います。
努力の甲斐あって閉店時刻より1時間ほど早めに店じまい。いざ皆の待つ会場へ向かうと
こんな秋庭さんバッジがお出迎え。

自分と向き合う時間。

このバッジは、この後カラオケを披露した方々にプレゼントされました。もらえた人、いいなあ。
こんなお料理も差し入れされる、愛され者です。

いよいよカンパーイ。

続いてカラオケタイム。

木野君のBOØWY。笑いました・・・
早速秋庭さんも『ギンギラギンにさりげなく』を。

デュエットなんかでも、引っ張りだこです。

大作さんのSoft Ballet『BODY TO BODY』。

菊地さんは加山雄三の『蒼い星くず』。

彼はこの歌で、のど自慢の予選出場経験あり(そのときのことはこちら)。 さすがこなれておりました。
自分はカラオケは歌いませんけど、今日(7/4)が誕生日の秋庭さんなので、日付が変わるまではいようかなと。
で、無事ケーキが出てくるシーンを見て、

ケーキを撮って

0時半頃帰宅。
パーティーはこの後何時まで続いたのかしら?
最後に秋庭さんの愛され度がわかる、このアニバーサリーパーティーの案内文の一部をコピペ。
あんなレコ屋、世界のどこにもない!そしてみんなが愛して止まないレコ屋。
秋庭さんが80歳くらいになっても、世界の辺境音楽を共に追い続けよう。
だからみんな通販買いは控えてね。ローカル消費は大事なことです。
そんな店主も生まれて飛び出て40年。
マッチもトシちゃんも氷室京介も歳を取ります。
秋庭さんの(会ったことないけど)お母さんありがとう!
生んでくれて、飛び出してくれてありがとう!」
いやー、名文。
秋庭さん、お誕生日おめでとうございまーす。
(編)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA