今日は青年団リンクのホエイ『珈琲法要』『或るめぐらの話』の2本立てを見にシアターZOOへ。
最初に『珈琲法要』
tumblr_inline_of8w2ryvp41sjle2n_500
蝦夷地北方警備のため斜里地方に配属された津軽藩兵の話。
これがですね、最近の自分的キーワード、「地べたの人たち」「信仰」「権力による歴史」みたいなところに「ド」フィットする内容で…
しめ飾りが「故郷の山」になって、狐や天狗が現れるシーンとか、もうもう。
でですね、アイヌの歌にすっかり涙腺が破壊されたのですけど、
ですけど!
その次の瞬間
「えーーーーーーーーーーーーーー!!!」っていう展開が。
いやホント
まさかのもうワントピック、きたーーーーーーーーーーーーーー!!!
(って、全然読んでる人にはわからないと思うのですが)
という展開があってですね、
いやー、唸りました。涙が吹っ飛んで、思わず前のめりになりました。
ずっとそこにあったのに、こちらから見えていなかった「視点」がそこで剥き出しになるのですけど、いやー山田百次さん、すごいわ…
お次は『或るめぐらの話』。
tumblr_inline_of8w3bg6rr1sjle2n_500
これも、しみじみ良かったなあ。
なんか、民俗学に興味を持ち始めたせいかもしれませんが、チラリと出てきた「ばあさま」っていう存在がやたらと琴線に触れました。
信仰のない、都市っ子で根無し草の自分は、絶対「ばあさま」にはなれないんだなー。
「ばあさま」深いです。
両作品の残りのスケジュールは
11月27日(日) 14:00『珈琲法要』/16:00『或るめぐらの話』
11月28日(月) 14:00『珈琲法要』
*開場=開演の30分前
*上演時間=『珈琲法要』約80分、『或るめぐらの話』約30分
『珈琲法要』
一般 2,500円(当日券 3,000円)
学生 1,500円(当日券 2,000円)
『或るめぐらの話』
1,500円
『珈琲法要』とセット購入、または半券提示の方は1,000円
★予約は zoo@h-paf.ne.jp へどうぞ。
超おすすめ!
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA