昨日は久しぶりのエスキスで、札幌彫刻美術館の樋泉さんと待ち合わせ。
エスキスでは、西窪愛子さんの写真展『存在の証 ―10年後の自分へ―』が開催中(13日まで)でしたよ。

画像引用元 http://cafe-esquisse.net/gallery/index.php


ちょうどお隣の席にご本人がいらっしゃったもので、ご挨拶。今までガンゲットダイマの長嶺さんたちから、西窪さんのお話は何度か聞いていたので、お会いできてうれしかったです。

何やら写真についてお話し中のお二人。(左が西窪さん)
年明けには、新しくオープンしたばかりのスペース「SYMBIOSIS」でも個展をするそうです。エスキスでの個展に行けなさそうな方は、ぜひこちらへ。
その後、『くだらない展覧会03』のオープニングパーティーへ。
展示作品の中では、菊地和広さん作の眼鏡が、かなりの破壊力でした。
大作さん

ブラッドさんも

みんなで目玉飛び出し。
シルベストゥルさんの展示も、かなりプリティーでございました。
古跡哲平さんのパンティーおみくじ(だったかな?)なるものにも挑戦。100円を賽銭箱に入れて引いてみると、

パンティーというか、貝殻…でも吉だ。
そんなこんなで、パフォーマンスがスタート。

碧衣スイミングさん、力あるなあ。
その様子を、イラストレーターのタワシさんがスケッチしていたので覗き見。

タワシさんのスケッチは、ささっとした線だけど人やその場の雰囲気を的確に捉えており、ワタクシ、ファンなのであります。
いつかお仕事でご一緒してみたいものです。(という想いを胸に、斜め後ろから激写)

コルネリさんの歌声も、相変わらず素敵で。

で、写真はないけど、トリを飾った山下智博さんによる能面愛舞。ストリップ的な目線(能面だけど)や小道具など、前回からかなり進化した感があり、その進化ぶりにワクワクさせられました。
能面愛舞。これからも期待大だなあ。
(編)

 

2 Responses to 西窪愛子写真展→くだらない展覧会

  1. 武田久美吉って…(笑)。
    わかる人にしかわからないですね。

  2. (編) より:

    私はよくわかっていないのですけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA