2日目は、箱根山テラスの朝食からスタート。
DSCN7099
焼き茄子のトマト味噌のせが、とても気に入りました。トマトと味噌のマリアージュ!
DSCN7103
食後のコーヒーと地図をお供に「語りの場の記録」を拝読し
DSCN7104
徒歩5分ほどのところにある気仙大工左官伝承館へ。
DSCN7107
↑カマガミ様。カマドの神様の面を掲げるのは、宮城県から岩手県南部の習慣だそうです。
私たちが到着した時は、ちょうどカンナなどの大工道具をボランティアの方々が手入れ中でした。
DSCN7110
この辺の話も「そうかああああ」という感じで、本当にこの滞在中は誰かに話を聞くたびに、その話一つ一つに重みがあって、思わず聞き入ってしまう。
杉の家はこねでは、元気仙沼大工の櫻井さんと立ち話。
DSCN7119
櫻井さんは5、60年前に札幌に出稼ぎに来ていたらしく、その時に棟梁として建てた木造住宅がいくつかあるそうな。もしかして前に住んでいた中央区の家も櫻井さんが建てたのかなー。
ここでも、つい長話。
杉の家では木のおもちゃ(櫻井さん作)の販売もしているのですが、
DSCN7123
DSCN7124
かわええ。
そして、「奇跡の醤」で有名な八木澤商店で、しょうゆソフトを。
DSCN7125
美味しい。貴重な糖分補給スポットであります。
その後は気仙沼へ移動して、リアス・アーク美術館へ。
DSCN7131
常設展示の「東日本大震災の記録と津波の災害史」はもちろんですが、歴史・民俗資料常設展示の「方舟日記」もとても興味深かったです。
この日は企画展の「戦後日本・発展の光と影展」も見たので、疲労困憊。
お昼ご飯お昼ご飯!と松山さんと二人めっちゃ急いで向かったのが、お魚いちば。
DSCN7133
いよっ!
DSCN7132
で、取材も無事終わり、Reborn-Art Festivalが開催中の石巻へ移動。
3泊したのは、さかり旅館です。
DSCN7135
良い佇まい。
DSCN7134
ザ・旅館。こういうところに泊まるの、久しぶりだなあ。
DG3MslDVoAA3jR0
お風呂に入って就寝。おやすみなさい。
あ、今回の取材結果といいますか、AIR CAMPのプログラムに関する詳しいことは、後日S-AIRのブログの方で紹介します。
AIR CAMPへの参加申込も引き続きお待ちしてますので、タイムスケジュールや参加費など、詳細はこちらから
参加する価値、大いにあるよ!
(編)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA