コンカリーニョで、赤星マサノリ×坂口修一 二人芝居『Equal イコール』を見てきました。
いやーーーー、面白かった!!!!
TGR期間中、あんまりあーだこーだ考えていたので、今日はもう気楽に楽しむリハビリをしようと思って足を運んだ私。
導入から笑える箇所満載で、あっはっはと楽しんでいたのです。
そうやって間口を広く持った本作は、とても自然に物語の迷宮へ観客を連れていきます。
気付けば、推理力を働かせて物語世界を存分に楽しみながら、自分とは何か?という深遠な問いにも自然と思考が及んでおり、快楽と思考の両立具合は素晴らしいなと思いました。
公演詳細を見たら、「今回は脚本に、関西でダントツの動員数を誇るピースピットの主宰・末満健一氏を迎え、ヒューマンファンタジーに真っ向勝負!!!」と書かれておりました。
間口は広く、奥行きは深く。
その脚本を存分にあの場に出現させたお二人に拍手。
札幌の劇団の作品傾向にとてもフィットしていると思うので、札幌の演劇ファンの方々に多く足を運んでほしいですねえ。
余談ですが、個人的にしびれたポイントは、殴り方、殴られ方の美しさ。あそこに優れた身体性が現れるのだと思うなあ。
スピード感、タイミング、身体のこなし、全て素晴らしく、とても目を引かれました。
惚れるね!
もう一つ余談ですが、ちょうど今美術手帖のBL特集を読んでいたところだったので、前半その辺もややニヤニヤしてしまったところであります。(※本作はBLの話ではありません)
はー。昨夜に引き続き、劇場から興奮して帰宅。二日連続で大満足。
本公演、残りは明日7日(日)13時〜。上演時間は95分です。
予約はこちらからどうぞ。
お見逃しなく!
(編)
 
 
 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA