※前回の続きです。
二軒目。先日のフォーラムでは作品を見れなかったので、改めて『アクチニウム —核をめぐる文化』を見にOYOYOへ。
140707_01
知らないでいればこの現実がなくなる、なんてことはないのだけど、
もう、どうなるんだろう。(と、暗くなっちゃうな…)
展示は明日3日(日)まで。
三軒目。藤木正則個展「もうひとつの「都市と自然」”CITY AND NATURE”SEEING FROM ANOTHER DIRECTION”」@CAI02
IMG_5329-e1404487983454
街(を行き交う人)の見え方、表面に現れているものの「一枚向こう側」に思いが至るという点で、とても強い印象が残った展示。
藤木さんは500mの展示といい、ARTBOXでの展示といい、すっごいな。
こちらは今日(2日)までなので、ギリギリ駆け込めて良かったです。
四軒目。だいぶ早い段階で映像がアップデートされたと聞いていたのだけど、最終日にようやく再鑑できた「マレウレウ + 松永芳朗|鯨の頭から」@ハンモックベースカフェ。
これがもう、アップデートというか、全然別ものというか、とにかく映像ヤバい!
マレウレウとこの映像の組み合わせ、最強でした。お店の外に出て、思わず芳朗さんに電話をかけてしまうぐらい、自分的興奮体験。
ちなみに、部屋の四方にスピーカーが設置され、鑑賞者の周囲にマレウレウのメンバー4人が立って歌っているような音環境がつくられていたのですが、
これって、現実にはありえない超贅沢なシチュエーションですよね。
いやはや堪能しました。
五軒目(これは今日見に行ったのだけど)。露口啓二「自然史ー北海道/福島/徳島+福島の光景」展
tsuyuguchi_A4-1-e1404487417416
露口さんの写真を見ると、いつも、自分の思考能力を上回る技術を必要とされる「何か」に至るわけですが、
いつかこれを言語化できる日が来るのだろうか…今の自分には無理っす。
本展は5日(火)まで。
いやー、それにしても
芸術祭に合わせて軒並み力の入った企画展示が開催されて、その第一弾が大体今日明日あたりで終わるのですけど、
今回のブログで挙げた4つは、何だかぐいぐい来たなー。
ふー。
(編)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA